メニュー

ご挨拶

 はじめまして。山本栄治と申します。専門は総合内科と気管支喘息などを対象とする呼吸器内科とアレルギー科です。このたび縁あってこの磯子区の杉田で開業させて頂くこととなりました。0506_0042 ヤマモトエイジrr

 故郷は九州、長崎県の島原半島です。天草の島々が遠くに見える山奥の地で、保育園も幼稚園もないところで生まれ育ちました。小学4年生の時に、左足の皮膚の色が地図状に脱色されていることに気が付き、海岸地区の診療所に受診し、最初「癜風」という真菌症と診断されました。半年近く父の運転する軽トラックで通いましたが、結局治りませんでした。高校進学後、原付バイクで1時間ほどのところにある総合病院の皮膚科へ行き、初めて「脱色素性母斑」と診断されました。このとき、深い専門的知識の重要性を知ったのでした。

 私の実家は非常に貧しい戦後開拓農家で、じゃがいもの栽培で生計を立てていました。大学進学は経済的にもかなり厳しい状況でした。しかし、幸いにも奨学金制度の整った自治医科大学に合格することができました。

 医科大学進学後は、基礎研究に興味を持ちながらも人の心にも興味をもち、精神医学の自主ゼミなどにも参加してきた経緯があります。

 大学卒業後、スーパーローテート研修を国立長崎中央病院で受けました。

 研修終了後は、五島列島に内科・小児科医として勤務し、その後は大学院でタンパク質の基礎研究を行った後、再び内科医として対馬や上五島の離島に勤務いたしました。消化器内科、循環器内科、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を主とする一般内科、透析医療、各地区への出張エコー検診、住民健康講和、小児科や外傷を含めた救急全科当直、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患に対するカテーテル検査と治療、吐血に対する緊急上部消化管内視鏡など多くの経験を積むことができ貴重な財産となっております。

 関東にきてからは、総合病院での勤務を重ね、救急医療、膠原病内科や在宅医療、感染症内科、透析医療、老人内科などの診療に従事しました。その後、横浜市内の呼吸器専門医療機関で、数多くの慢性咳嗽の患者様、特に咳喘息の患者様、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者様を診させていただきました。また、内科学会、アレルギー学会そして感染症学会での発表、臨床免疫学会誌への症例報告をする機会に恵まれました。

 とても医師になれるような豊かな境遇でなかった私が医師になることが出来、さらに種々様々な医療機関で働かせて頂く機会が与えられたのが私の前半の人生でした。

 後半の人生は、私が受けた恩恵を社会に還元していきたいと思っております。

 内科の大半の病気は目に見えません。その目に見えない病気を、患者さんのお話を聴き、診察と検査を行い、その本質をとらえることで診断していきたいと思います。また、その内科の病気を患者様方に分かりやすく、あたかも目に見えるように筋の通った説明をしていきたいと考えています。

 最新の知見も踏まえた診断と治療を、特に咳で苦しんでいる患者様に対して、スタッフみんなで力を合わせて行い、地域の方々へお役に立てるクリニック、この地域になくてはならないと言われるクリニックになることが、当院の目標です。

 “深い知識と技術、慈しみの心で、患者様に笑顔を”

院長 山本 栄治

学歴

1994年 自治医科大学医学部医学科 卒業
1998年 自治医科大学大学院 入学
2002年 自治医科大学大学院 卒業 医学博士取得

略歴

1994年~1996年 国立長崎中央病院にてスーパーローテート研修履修
1996年~1998年 長崎県離島医療圏組合関連病院にて内科・小児科医として勤務
2002年~2007年 長崎県離島医療圏組合関連病院にて内科・小児科医として勤務
2007年~2019年 神奈川県内の病院にて内科(感染症・膠原病内科)、在宅医療に従事し、その後、呼吸器専門医療機関で咳喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診療に従事
2019年5月 横浜市磯子区杉田に、『いそご内科・呼吸器内科』を開業

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本アレルギー学会
  • 日本感染症学会
  • 日本老年医学会

資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本アレルギー学会専門医
  • 感染症コントロールドクター(ICD)
  • 医学博士
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME