メニュー

当院の特徴

当院では総合内科的な全身を診る立場に立ちながらも、特に長く続く咳、夜間眠れないような咳などについての診療に力を入れています。

診療内容

総合内科

手足のむくみ、からだがだるい、つかれる、発熱、体重が減る、夜眠れない
皮膚のかゆみ、蕁麻疹
胸が痛い、血圧が高い、動悸、手足が冷たい
息切れ、息がぜいぜいする、咳、痰
おなかの痛み、吐き気、下痢、胸やけ、便秘
関節痛、筋肉痛
血糖が高い、コレステロールや中性脂肪が高い、
頭痛、めまい

呼吸器内科

2週間以上続く咳や、夜も寝られないようなひどい咳は背景に重篤な病気があることがあります。一度よく医療機関で調べることが大切です。

当院では、患者様の病歴と診察、そして胸部レントゲン、心電図、肺活量や1秒率(1秒間でどのくらい空気を吹き出せるかという検査)を測るスパイロメーターや、喘息の診断の助けとなる呼気一酸化窒素濃度測定(吐く息の中の一酸化窒素の濃度)を組み合わせて、診断をつけていきます。胸部CTにつきましては神奈川県立循環器呼吸器病センターなどに依頼して行っていきます。最新の機械で検査を行っていただくことで、がんや肺結核の合併の見逃しのないよう努めていきます。

2週間以上続く咳のうち、気管支炎、肺炎、肺結核、慢性閉塞性疾患、間質性肺炎や肺の腫瘍以外のものは、咳喘息の場合が多いです。咳喘息は有効な吸入治療薬があり、効き始めるまで2か月ぐらい時間がかかる人もいますが、きちんと施行していけば、症状はコントロールできることが多いです。また以後治療を続けていくことで以後の人生を咳で大きく妨げられることのない時間として過ごすことが可能です。

アレルギー科

当院では、花粉症の診療も行っています。また蕁麻疹に対する投薬なども行っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME