メニュー

日本人の三大疾病などについて

 ひとはどんな理由で一生を終わるのでしょうか。ひとつは、外傷などの事故、もう一つは病気ですね。あと近年は老衰というものも増えてきています。

 

 日本人の場合、厚生労働省が公表した2018年人口動態統計月報年計(概数)によると、老衰による死亡数が脳血管疾患による死亡数を上回り死因の第3位になっています。日本人の3大死因は悪性新生物(腫瘍)・心血管疾患・老衰となりました。2018年の死亡数は前年比2万2085人増の136万2482人。死亡数を死亡順位別にみると、第1位は悪性新生物の37万3547人(人口10万対死亡率300.7)、第2位は心疾患(高血圧性を除く)の20万8210人(同167.6)、第3位は老衰の10万9606人(同88.2)、第4位は脳血管疾患の10万8165人(同87.1)、第5位は肺炎の9万4654人(同76.2)でありました。全死亡者に占める構成割合は、悪性新生物27.4%、心疾患15.3%、老衰8.0%、脳血管疾患7.9%、肺炎6.9%などとなっています。

 

 人の細胞が変化してがん化して、自らの体をのっとっていき、がん細胞は自分では生きていけないので、最後に人そのものが命を終えるのが、がんです。

 

 心疾患はおもに心筋梗塞や狭心症が主たる構成要因ですが、それらは心臓の栄養血管の壁がコレステロールなどにより厚くなった結果、血の流れが悪くなって生じるものです。

 

 老衰は読んで字のごとく、老いて自然のながれで寿命を終えるものです。

 

 脳血管疾患は、脳を栄養する動脈がこぶのようになり、そこが破れたり、脳の一部の細い血管がやぶれたりするもの(脳出血)や、脳血管の壁が厚くなりその結果そこの部分が詰まったり、もしくは心臓に不整脈があってそこから血の塊が脳血管にとんで詰まったり、首の動脈のところで血の塊ができて脳血管にとんでつまったりするもの(脳梗塞)です。

 

 肺炎は肺炎球菌などの菌や、ウイルス、真菌(カビのこと)が肺の一番奥のガスを交換する肺胞という小さな袋の部分まで入り込み、そこで炎症がおきている状態です。

 

 このように、人間の病気には、細胞が悪く変化する病気、血管の病気、老衰、ばい菌の感染があります。さらに近年クローズアップされている生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病)は血管の動脈硬化を促進して上述の心疾患や脳血管疾患をひきおこしますし、また上述には含まれていませんが、重要な病気である慢性腎臓病を引き起こします。

 そのほか、逆流性食道炎、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、関節リウマチ、喘息やアレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患など死亡統計には上ってきませんが、数多くの病気があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME