メニュー

インフルエンザワクチンのこと

[2019.10.06]

 インフルエンザのワクチンの季節になってきました。今回から3かいにわたって、喘息のブログは一時中断して、インフルエンザワクチンについてお話しようとおもいます。

 

 1.妊婦とインフルエンザワクチンについて(国立成育医療センターの記載より抜粋)

 

インフルエンザワクチンは、インフルエンザ粒子をつぶしてつくった感染性のない不活化ワクチンです。妊娠中に不活化ワクチンを接種してもインフルエンザは発症しません。

 

 また妊娠初期にインフルエンザワクチンを接種した妊婦の研究でも先天異常の発生率の増加は認められませんでした。

 

 妊娠時は免疫機能が低下しインフルエンザも重症化しやすいです。卵やインフルエンザワクチンへのアレルギーがなければ、あらかじめ積極的にインフルエンザワクチンを接種すべきと考えられます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME