メニュー

咳の診療

 日本呼吸器学会の咳嗽・喀痰の診療ガイドライン2019によると、3週間未満の急性咳嗽、3週間以上8週間未満の遷延性咳嗽、8週間以上続く慢性咳嗽に分類します。

 急性咳嗽の原因の多くは感冒を含め気道の感染症です。それが遷延性咳嗽になると、気道感染の率は減っていき、慢性咳嗽になると咳の原因として一番多いのは咳喘息です。以下、慢性閉塞性肺疾患や感染後咳嗽などが原因として続きます。

  頻度として多くはないのですが、見逃してはいけないものに、肺がんや肺結核があります。これらは胸部エックス線写真ではかならずしも写らないこともあり、場合によっては胸部単純CTでの検査が必要です。

  以上をまとめると、2週間を超えて続く咳の場合は医療機関を受診されることをお勧めいたします。

 

 院長 略歴 

1994年 自治医科大学 卒業。国立長崎中央病院で、2年間の多科スーパーローテート研修後、離島医療に合計7年間従事。以後神奈川県の総合病院で、リウマチ、アレルギー、膠原病、2018年から2年間呼吸器専門医療機関で診療に携わる。総合内科専門医、アレルギー専門医、医学博士。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME