メニュー

咳の診療

あなたのの原因を調べ、治療のお手伝いをいたします。

の原因となる多くの病気を、時に近隣の高次医療機関と連携しながら、調べていきます。

気管支喘息咳喘息の診断を、丁寧な診察と最新の機械を使って行っていきます。

 

 

・風邪の後、なかなか治らない

・毎年決まったころに、繰り返す

夜も眠れないようなひどい

長く話していると出てくる

 

日本呼吸器学会の咳嗽・喀痰の診療ガイドライン2019によると、

・3週間未満の急性の咳嗽(短い咳)、

・3週間以上8週間未満の遷延性咳嗽(だらだらやや長く続く咳)、

・8週間以上続く慢性咳嗽(かなり長く続く咳)

に分類します。

 

診療の手順

  1. 問診と診察
  2. 胸部X線写真

  3.  呼吸機能検査(スパイロメーター)

  4. 呼気一酸化窒素濃度

     

     

 咳の原因疾患と治療

 3週間未満の急性の咳の原因の多くは感冒、急性気管支炎、肺炎などの気道の感染症です。それが3週以上8週未満の遷延性咳嗽になると、気道感染の率は減っていき、慢性咳嗽になると咳の原因として一番多いのは咳喘息です。以下、慢性閉塞性肺疾患や感染後咳嗽などが原因として続きます。

  頻度として多くはないのですが、見逃してはいけないものに、肺がんや肺結核があります。これらは胸部エックス線写真ではかならずしも写らないこともあり、場合によっては胸部単純CTでの検査が必要です。

  1.  急性気管支炎、肺炎 → 抗生剤の投与で咳が治まっていきます。中等症以上の肺炎は連携している病院へ入院をお願いしています。
  2. 気管支喘息・咳喘息 → ステロイドや気管支拡張剤の吸入治療で、咳や息苦しさをおさめることができます。
  3. 慢性閉塞性肺疾患(COPD) → 気管支拡張薬の吸入治療で病気の進行を防ぎ、症状を少し楽にすることができます。
  4. 肺がん → 高次医療機関と連携して診療しています。
  5. 肺結核 → 結核治療の可能な高次医療機関と連携して診療しています。
  6. アトピー咳嗽 → 抗アレルギー剤の内服薬が7割の患者さんに有効で、吸入ステロイドを併用することもあります。症状が落ち着けば治療薬を中止することが可能です。
  7. 喉頭アレルギー → 喉のかゆみや、いがいがなどの症状があり、抗アレルギー剤の内服が有効です。
  8. 逆流性食道炎 → 胃酸の逆流に伴い咳がでることがあります。胃酸の分泌を強力に抑える内服薬が有効です。

  

 当院での喘息診療

 当院では、気管支喘息・咳喘息の患者様に、ピークフローメーターという呼吸機能を測定する器具をお渡ししております。この測定で毎日自分の肺のなかの気管支の様子をリアルタイムで知ることが可能となり、喘息のきちんとした管理の大いなる助けになります。

 

 院長 略歴 

1994年 自治医科大学 卒業。国立長崎中央病院で、2年間の多科スーパーローテート研修後、離島医療に合計7年間従事。以後神奈川県の総合病院で、リウマチ、アレルギー、膠原病、2018年から2年間呼吸器専門医療機関で診療に携わる。総合内科専門医、アレルギー専門医、医学博士。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME