メニュー

脂質異常症

(日本動脈硬化学会ホームページより抜粋)

脂質異常症とは

1.「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールが増えたり

2.「善玉」のHDLコレステロールが減ったり

3.トリグリセライド(中性脂肪)が増えたりした状態のことをいいます。

 この状態を放置していると動脈硬化(動脈の壁にコレステロールがたまり、硬くなったり狭くなったりして血液の流れが悪くなる状態)が起こり、静かに進行して、心筋梗塞や脳梗塞といった怖い疾患が起こるおそれがあります。

 

診断 : 

 LDLコレステロールが140㎎/dl以上(高LDLコレステロール血症)

 HDLコレステロールが40㎎/dl未満(低HDLコレステロール血症)

 中性脂肪(TG)が150㎎/dl以上(高中性脂肪血症)のいずれか

 

原因 : 

 遺伝的な要素、過食、脂肪の多い食生活、運動不足、ストレスなどが関係しています。

 

治療 : 

 食事療法・・・2020年厚生労働省の発表では、コレステロール摂取量を1日200mg未満に抑えることが望ましいとされています。動物性脂肪の代わりに魚や植物性の油を多く摂ること、コレステロールの吸収を抑える食物繊維を多く摂ること、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸の過剰摂取を避けること、アルコールを控えめにすることなどです。

 運動療法・・・日30分以上の有酸素運動を取り入れることも推奨されます。ウォーキング、水泳、サイクリングなどです。

 薬物療法・・・食事や生活習慣を行っても、数値の改善が見られない場合は、内服薬による治療を行うことが多いです。また、糖尿病などを併発している人などは早期改善を必要とするため、コレステロールや中性脂肪を低下させる薬が処方されます。

 現在,使用可能な脂質異常症の治療薬は,スタチン,小腸コレステロールトランスポーター阻害薬,胆汁酸結合性陰イオン交換樹脂,フィブラート系薬剤,eicosapentaenoic acid(EPA)製剤,ニコチン酸製剤,プロブコールなど多くの選択肢があります。

また,最近はより強力にLDL-Cを低下させるproprotein convertase subtilisin/kexin type 9(PCSK9)阻害薬が開発され,スタチンへの追加でLDL-Cは胎児レベルまで低下可能になっています。

スタチンは,高LDL-C血症に対する薬物治療の中心ですが,動脈硬化性疾患発症予防薬の役割も担っており,薬剤の選択となれば第一選択薬となります。

 

 

 治療目標

 

 治療方針の原則 管理区分*1 脂質管理目標値(mg/dL) LDL-C Non-HDL-C TG HDL-C 一次予防(冠動脈疾 患にならないための治 療)まず生活習慣の改 善を行った後、薬物療法の適用を考慮します。

 

治療方針の原則

管理区分

LDL-C

Non-HDL-C

TG

HDL-C

一次予防(冠動脈疾患にならないための治療)

まず生活習慣の改善を行った後、

薬物療法の適用を考慮する

低リスク

160未満

190未満

150未満

 

40以上

 

中リスク

140未満

170未満

高リスク

120未満

150未満

二次予防(冠動脈疾患の再発・悪化を防ぐための治療)

生活習慣の是正とともに、薬物治療を考慮する

冠動脈疾患 (心筋梗塞 や狭心症)

 の既往

100未満

(70未満)*2

 

 

130未満

(100未満)*2

 

 

* Non-HDL-C = 総C-HDL-C

*1:管理区分

一次予防の管理区分が低リスク〜高リスクのどれに該当するかは、年齢や性、喫煙の有無、脂質異常症以外の病気といった危険因子を考慮して決められます(下記 吹田スコア参照)。

ただし、糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞などがあれば、他の危険因子 の有無にかかわらず、高リスクです。

*2:遺伝性の高コレステロール血症や心筋梗塞・不安定狭心症の急性期、または 糖尿病に加えて慢性腎臓病やメタボリックシンドロームなどがあるときに考慮する目標値です。

(日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」より抜粋)

吹田スコア

 「吹田スコア」計算表 

① 年齢 (歳) :35-44  30点, 45-54  38点 , 55-64   45点, 65-69   51点, 70-   53点

② 性別 男性 0点, 女性 -7 点

③ 喫煙 なし 0 点,あり 5点

④ 血圧 至適血圧 <120 かつ <80    -7点

正常血圧 120-129 かつ/または 80-84      0点

正常高値血圧 130-139 かつ/または 85-89  0点

I 度高血圧 140-159 かつ/または 90-99     4点

II 度高血圧 160-179 かつ/または 100-109   6点

⑤ HDL-C  <40    0点

        40-59   -5点

        60以上  -6点

⑥ LDL-C  <100  0点

        100-139 5点

        140-159 7点

        160-179 10点

        180以上 11点

⑦ 耐糖能異常  なし 0点, あり 5点

⑧ 早発冠動脈疾患家族歴  なし 0点, あり 5点

45点以下 低リスク (予測される10年間の冠動脈疾患発症リスク)2%未満

41-55点  中リスク 2-9 %

56点以上 高リスク 9%以上

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME