メニュー

院長ブログ

 2019年-2010年 今期の流行インフルエンザウイルスと治療薬 (横浜市の報告、日本感染症学会の提言)(2019.12.01更新)
抗インフルエンザ薬全般について 今年もインフルエンザの季節がやってきました。横浜市でも区によっては流行が始まっています。  インフルエンザウイルスは飛沫感染 (咳、くしゃみなどで飛び散る液体【飛沫… ▼続きを読む

気管支喘息と冬(2019.11.21更新)
 寒くなってきました。気管支喘息の患者さんにとっては、気温が急に下がるこの時期は嫌な季節です。風邪やインフルエンザなどの感染症にかかったりするだけでなく、気温そのものの大きな低下が喘息発作を引き起こし… ▼続きを読む

気管支喘息の診断(2019.11.10更新)
気管支喘息の診断の目安  咳や息苦しさで医療機関にかかって、以下のような条件を満たすと、気管支喘息と診断されます。 1.発作的に息が苦しくなる、ゼイゼイする、胸の息苦しさ、咳がくりかえ… ▼続きを読む

気管支喘息の症状(2019.10.23更新)
 気管支喘息の症状として多いのは、咳、ゼイゼイ、息切れ、胸が締め付けられるように息がしにくいなどです。ただ咳を生じる病気のブログの所でも述べましたように、これらの症状は、喘息だけに特有なものではありま… ▼続きを読む

インフルエンザワクチン(その3)(2019.10.15更新)
 今年のインフルエンザワクチンの中身  インフルエンザワクチンはその年に流行する株を予想し、作られます。  国立感染症研究所によると   「2018/19 シーズンは、わが国では昨シ… ▼続きを読む

インフルエンザワクチンのこと(続編)(2019.10.08更新)
2.生ワクチンと不活化ワクチン  よく生ワクチンを接種(注射した)あとは、何週間あけてくださいとか、不活化ワクチンだから短い期間で次は打てますよとかいいますが、このふたつは、どう違うのでしょうか? … ▼続きを読む

インフルエンザワクチンのこと(2019.10.06更新)
 インフルエンザのワクチンの季節になってきました。今回から3かいにわたって、喘息のブログは一時中断して、インフルエンザワクチンについてお話しようとおもいます。    1.妊婦とインフルエ… ▼続きを読む

喘息の病型(2019.09.30更新)
 気管支喘息には、実はたくさんの原因とたくさんの悪化する因子があります。  一般に結果となる症状は同じだけど、原因がいろいろ異なっている、そういう病気の集団を、「症候群」と呼びます。  気管支喘息… ▼続きを読む

気管支喘息の管理の目標(2019.09.18更新)
 気管支喘息の治療管理の目標は ぜいぜいや呼吸困難、ひどい咳こみなどの喘息発作がない状態をたもつこと 将来のリスクを避けること  この2点になります。    具体的にどうす… ▼続きを読む

好中球を中心とする炎症反応(2019.09.11更新)
喘息の病態をつくる原因は多様です。一部の喘息では、前述した好酸球ではなく、好中球による炎症が病態に関与していることがわかっています。     注1:樹状細胞; 樹木のよう… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME